top of page
検索

WASOO | チェンマイ発のブランドが廃棄物をインテリア装飾パネルに変身させます。

WASOO農業廃棄物のほとんどは焼却されています。チェンマイのように PM 2.5 による大気汚染を引き起こします。言うまでもありません。場所によっては、ドイステープがほとんど見えません。


チェンマイ発祥のWASOOブランド。粉塵問題に悩まされていた彼は、「稲わら」や「コーヒー殻」などの農業廃棄物を、色鮮やかな室内装飾パネルに加工するというアイデアを思いつきました。





それは、収穫後に「稲わら」は通常焼却されるからです。これもPM2.5の原因となり、年間2463万トンもの二酸化炭素を排出します。毎年廃棄される「コーヒー殻」、つまりコーヒーの殻については、焼却しなくても年間10万トンの廃棄物になります。しかし、有機廃棄物であることが判明しました。肥料にならなければ、とにかく捨てられていました。

この内装シートは美しさだけではなく、吸音性や温度調節機能も備えています。このシートを貼った家や建物は省エネ、電気代削減に役立ち、天然素材なのに火が燃え広がらず、シロアリにも食われません。

インテリア装飾パネルのもう1つの利点は、コレクション名「ゼロからゼロへ」が示すように、これらのパネルを製造するために出発材料が生産されないという事実に加えて、目的地でも廃棄物が発生しないことです。この製品は完全に自然から作られており、生分解性であるため、リサイクルして再利用できます。

染めに使う色は天然のもの。黒檀や牙のエキスなどのハーブから抽出した色です。染め終わったら、型に流し込みます。つなぎには再生紙パルプを使い、接着剤は使わず、インテリアにも適した美しい模様に整え、ナチュラルな雰囲気に仕上げています。

他にも、藍、ファングウッド、ペガサスなど、美しく色鮮やかなハーブがコレクションに使用されており、これらを混ぜ合わせることで、本来の赤や青以外の新しい色も作り出すことができます。


稲わらに関する実験研究に関する情報


稲わら断熱パネルは、チェンマイ大学とNSTDAの共同研究プロジェクトであり、マノジ・ナカサタ教授が小特許を取得しました。ブランドは起業家として参加し、商業生産を開始し、さらに室内装飾パネルへと発展しました。


ご自宅の装飾にご興味のある方は、WASOO ページの情報をご覧ください。

閲覧数:0回0件のコメント

コメント


bottom of page